尼門跡使用の「シャル」「マシャル」「であらシャル」敬語法について:第32輯
雑誌『国語学』全文データベース -書誌情報-
タイトル 尼門跡使用の「シャル」「マシャル」「であらシャル」敬語法について
On the Honorific 《・・・syaru》, 《masyaru》, 《・・・de arasy-aru》 in Amamonzeki Nunnery Speech
著者 井之口有一;
Y. Inoguti;
巻号 『国語学』第32輯
刊行日 1958-03-30
開始ページ 27
終了ページ 40
本文表示