頻度から見た目的格表示の「を」の機能と表現価値--源氏物語とその先行作品を資料として--:第33輯
雑誌『国語学』全文データベース -書誌情報-
タイトル 頻度から見た目的格表示の「を」の機能と表現価値--源氏物語とその先行作品を資料として--
The Function and Expressive Value of “O” Indicating the Objective Case Viewed from the Standpoint of Frequency --with Reference to the “Genzi-monogatari” and the Works Preceding It.
著者 小山敦子;
A. Oyama;
巻号 『国語学』第33輯
刊行日 1958-06-30
開始ページ 116
終了ページ 140
本文表示