平安末期畿内方言の音調体系(I)--≪A register-tone language with contour overlap≫としての再構と分析--:第39輯
雑誌『国語学』全文データベース -書誌情報-
タイトル 平安末期畿内方言の音調体系(I)--≪A register-tone language with contour overlap≫としての再構と分析--
The Tonal System of Kinai Dialect at the End of the 11th Century with Special Reference to the Falling Tone as a Contour Toneme Closely Releted to the High Level Register (continued).
著者 こまつひでお;
H. Komatu;
巻号 『国語学』第39輯
刊行日 1959-12-30
開始ページ 49
終了ページ 74
本文表示