国立国語研究所
日本語研究・日本語教育文献データベース

分野について

各論文の内容を示す主な分野です。年代によって付け方が多少異なりますのでご注意ください。現在では最大3つまで付与していますが2012年以前では原則として中心的な1つの分野のみが付けられています。付与される分野は以下の通りです。

1.日本語学一般

日本語の特質・概観,日本語研究史など。

2.日本語史

日本語系統論,通史的な日本語研究,近代語の概観など。

3.音声・音韻

音声,音韻,アクセントなど。日本各地の方言の音声に関しては「方言」に分類しています。

4.文字・表記

漢字,かなづかい,用字法,文字論など。

5.語彙・用語

語彙論,語構成,類義語,外来語など。

6.文法

文法論,統語論,モダリティなど。

7.文章・文体

文章論,レトリック,作家の文体など。

8.方言

方言の概論,各地の方言など。

9.日本語情報処理

コーパス,データベース,機械翻訳など。インターネットやメールなど,電子メディアによるコミュニケーションに関する話題は「コミュニケーション」に分類しています。

10.コミュニケーション

言語接触,言語行動,社会言語学など。

11.マスコミュニケーション

テレビ・新聞におけることばなど。

12.国語問題・言語問題

言語政策,国字問題,常用漢字など。

13.国語教育

国語科におけることばの教育,幼児の言語習得など。

14.日本語教育

日本語教育の教授法,教材,教育実践,学習者や教師に関わるものなど。

15.言語学

日本語を含めた概説的な言語理論,言語心理学,対照研究など。

16.辞書

事典・辞書。【図書のみの分野】

17.資料

索引,日本語研究資料など。

18.書評

日本語学に関する書評論文など。